windowsが起動しない時もバックアップで安心|データセーバー

パソコン

USBの変化

あらかじめ機密情報をパソコン上に搭載されている基本OSの機能で暗号化しておくと便利です。

IT

USBメモリに代表される、携帯型外部記憶媒体のセキュリティにおいて、一番確実な方法は、パソコン上でファイルを暗号化したものをUSBメモリに記録する方法です。 この方法では、パソコン上の基本OSに標準搭載されているファイルやフォルダを暗号化する機能を用いることができるほか、USB経由で接続する外部記録媒体には暗号化された情報のみを記録する事ができるため、最悪メモリ回路を直接的に解析されたとしてもデータを復号化する事はほぼ困難です。 注意点としては、外部記録媒体へ機密情報を含んだファイルを記録した後で、そのファイルを暗号化する方法です。これは手順的なセキュリティミスで、最初に情報を書きこんでしまうことで、機密情報が外部記録媒体に書き込まれてしまいます。しかもその情報ファイルを確実に消去しないかぎりデータは残存してしまうため、注意が必要です。また、データが何らかの理由で失われてしまった場合、復元してくれる復元専門の業者に依頼することが大切です。自身で復元することも可能な場合がありますが、無理にいじってしまうと余計に復元が難しくなってしまうこともあるので注意しましょう。

USB用記録媒体の価格帯容量比は指数関数的に増加しています。

USBを経由した記録媒体は、年々容量は大きくなり、価格は低価格化が進んでいます。これは半導体の価格の下落に追従して起こっている現象で、パソコンをはじめスマートフォンなどの通信端末上にも利用されている事から、半導体製品としては量産効果も働いてコストが下落することになります。 記録媒体としては、記録容量は指数関数的に増加しますが、低容量化した製品が販売終了したりして市場に出回らなくなりますので、結果として概ね数千円で購入する事ができます。多くの企業でも使用されているUSBは、トラブルによってデータが消去されてしまうことがあります。企業では、大事なデータが失われてしまうと多大な損失に繋がってしまうので常にバックアップをとっておく必要があります。しかし、バックアップをとっていない場合は早急に復元させる必要があるので復元専門のプロに任せることでデータ復元が可能だといえるでしょう。